青さと透明度が神秘的な忍野八海

富士山の伏流水が、絶えることなく湧き続ける忍野八海は天然記念物でもあり、澄んだ水が生み出す景色の数々を楽しむことができます。
ここには出口池、底抜池、湧池、鏡池、お釜池、銚子池、濁池、菖蒲池の八つの池を忍野八海と言われています。
車で行く場合、駐車場がありませんのでお土産屋さんに止めて散策することに。
大体、駐車料金は300円程度ですが、そこで一定以上(600円)お買い物すると無料となるようです。
湧池(わくいけ)
忍野八海一の湧水量と景観を誇る池で、珪藻土からなる水中洞窟からの湧水は豊富で、セキショウモを揺らしています。
DSC01918.jpg
面積は152㎡、水深は4mで見た目とは違いかなり深いデスよ。
湧水量は忍野八海最大の2.2㎥/秒とのことです。
それよりも、あまりにも透明で、逆に風景が反射しまるで、鏡のようでした。
DSC01921.jpg
この、涌池のすぐそばにはお土産やさんと、富士山の雪解け水の湧き出し口があり、忍野八海でも特に賑わいを見せる場所。
流れ出る水に手を浸すと、冷たくて気持ちがいい!
DSC01915.jpg 
おはようございます!
今朝のニュースでは、ここも来週くらいには梅雨入りの予報が報道されました。
さて、忍野八海、富士五胡から逆さ富士、季節外れですが身延山久遠寺のしだれ桜の名木を巡ります。
早速、駐車場からすぐでると、お土産屋さんが観光客をむかえてくれました。
DSC01974.jpg 
濁池(にごりいけ)
一杯の水を断り濁ったといわれる池
涌池の近くこちらも忍野八海でも人気のスポットです。
元来澄んだ水の池でしたがある時、地主の老婆が水を求める行者を乞食と思い断った途端、池が濁ってしまったという、話がこの濁池の名のもとになっています。
今では濁っていません。池の底からは少量ですが湧水もあり、とても清らかな池となっていて美しいです。
DSC01949.jpg
お釜池
小さくても、豊富な水量を誇る池
昔、この池から大きなガマガエルが現れ、美しいい娘を引きずり込んだという悲しい伝説から、大蟇(おおがま)池と
呼んだことから、この池をお釜池と呼ぶようになったそうです。
池の青さは神秘的で、深い水底に引きこまれるような感覚もあるかも。
バイカモが清流に揺れる風景を観ることが出来ます。 
DSC01954.jpg
銚子池(ちょうしいけ)
縁結びの池と伝えられている
昔、花嫁が結婚式の最中におならをしてしまって、それに恥じて、お酒のお銚子を抱いてこの池に身を投げたそうです。
それが転じて今では縁結びの池と言われています。
DSC01960.jpg
菖蒲池(しょうぶいけ)
菖蒲にまつわる美しい伝説が残る池
キショウブ(アヤメ科)が自生しており、初夏には美しい花を咲かせます。
訪れたこの時期は、少し早かったかもしれません。
ここの菖蒲には、体に巻いたら病が治ったという言い伝えがあり、最近ではパワースポットとしても知られています。
DSC01969.jpg

鏡池(かがみいけ)
水面に富士山を移す池
水面に映る富士山の姿が鏡のように見られることですが、あいにくこの日は見られませんでした!
おすすめなのは、雪をかぶって綺麗にお化粧をした富士山の姿を水面に映した、雪化粧の逆さ富士だそうです。
DSC01964.jpg
底抜池(そこぬけいけ・そこなしいけ)
洗濯ものが消えるという伝説のある池
昔、この池で洗い物をしていた際に、あやまって落としたものが渦に巻き込まれ消え失せてしまうことからこの名前が付きました。そうして、この池で洗い物をすることは、神様の怒りを買うと語り継がれるようになったとのことです。
 中池は忍野八海に含まれている池ではない。
DSC01923.jpg
この店で湧水をペットボトルに汲むことが出来ます。
DSC01927.jpg
出口池(でぐちいけ)
八海の中で最も大きな霊水の池
忍野八海の中で一つだけ他の池からは離れた場所、歩いて15分程にあるのが出口池です。
周りに売店もなく、人の数もまばらなので、自然的な美しい姿を見ることができます。
また、溶岩塊の下より湧水があり桂川の水源の一つでもあります。
DSC01984.jpg
場所:山梨県南都留郡忍野村忍草
アクセス:中央道河口湖ICから国道138号由8km20分

さて、場所を移します。

身延山久遠寺のしだれ桜
山梨県南巨摩郡にある日蓮宗の総本山、見延山久遠寺は全国しだれ桜10選に選ばれる美しい樹齢400年以上経っている、しだれ桜が2本あります。
見延山のしだれ桜の見ごろは3月下旬から4月上旬までとなっており、時季外れですが見てきました。
DSC01860.jpg
身延山久遠寺
住所: 〒409-2524山梨県身延町身延3567
電話: 0556-62-1011

本栖湖(もとすこ)は山梨県南都留郡富士河口湖町及び南巨摩郡身延町に跨いで存在する湖。
富士五湖の一つ五湖の最西端に位置し富士五湖の中で最大となる121.6mの水深があります。
千円紙幣E号券、五千円紙幣D号券の裏面に描かれる逆さ富士のモデルとして有名であり、早速みることにしましたが、残念。
逆さ富士は見られず、やっとこさ富士山の頭だけがみえました。
DSC01876.jpg
河口湖でねばってねばって、午前11時13分頃パチリ!
すばらしい!
DSC01901.jpg
ほかに、西湖、精進湖、山中湖を散策。
キャンプ、り、カヌー、水上スキーと湖をそれぞれに思う存分に楽しんでいるようです。
DSC01889.jpg
月日:6月2日
天候:晴れ
出発:山梨県南巨摩郡見延町(午前6時30分)
到着:山梨県甲州市大和町 道の駅「甲斐大和」(午後3時50分)
歩行距離154㎞

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR