日本一の棚田 丸山千枚田

三重県熊野市の丸山地区にある、丸山千枚田へ。
日本の棚田百選にも選ばれた棚田は県道40号線の細い山道を進んでいくと、丸山千枚田(県道脇展望台)があります。
駐車スペースは4台ほどで、ここからの景色は丸山千枚田全体が見渡せるところで、ここが一番眺めがよいと思います。
訪れた時は田植え前で、あと数日あとでしたら田植えが見られたかも。
DSC00257.jpg
展望休憩所から棚田を見下ろせながらゆっくり進むと、何やら大きな石が。
岩の下から見上げるとでかい!
DSC00263.jpg
田んぼからはカエルの鳴き声やせきを流れこむ水の音がなんとも心が和みます。
DSC00258.jpg
あ、それから丸山千枚田時計台(トイレもあります)は駐車場4台程度止められて無料。
休憩所には、ノートがありました。
思い出にと、「ここで棚田を作ってる(守ってるいる方々)方、大変ご苦労様です」と走り書きを。
海を眺めると、地平線が丸く見え、海の色がコバルトブルーに見え美しく、気持ちがいい!
DSC00230.jpg
砂浜に小石を積み重ね、心を込めて旅道中の安全を願いました。
DSC00240.jpg
さて、今日は冒頭でも紹介しましたが、丸山千枚田と鬼ケ城、獅子巌を巡ります。
丸山千枚田に行く途中、こんな看板が目に入ったので、立ち寄ることに。
DSC00251.jpg
途中、土木作業員のかたに質問。
犬を飼っている人がいるが、石像や碑はなく何もありませんとのことでした。
でも、行って見ることにしました。
山間小さな集落で、だれからも聞くことが出来ませんでしたので引き返すことに。
DSC00254.jpg
さて、話は獅子巌へ
三重県熊野市井戸町、国道42号の七里御浜沿いに獅子の形をした岩山で、高さ約25メートル、周囲約210メートルです。
新宮市から熊野市に行く途中、花の窟神社かすぐに道路沿いに見えます。
駐車場がないので気をつけてください。
DSC00285.jpg
砂浜を挟んだ東隣に位置する鬼ヶ城の海蝕洞と同様、波の侵食で形成されたもので、岬の先端に口を開いているように見え、まるで「ゴジラ」?「鷲」かのように感じられます。
a1.jpg
岩の隆起と波の侵食でできた鬼が城、遊歩道約1kmの絶景を楽しむことができました。
駐車場は数分進むと、間もなくに見えたのが沖合中央の小さく見える島。
魔見ヶ島で鬼が城の約1.5km沖合に浮かぶ無人島で、地元では「マブリカ」と呼ばれ、ダイビングや磯釣りの人気スポットだそうです。
a2.jpg
ここはまだまだ、階段がなく楽ですが、このトンネルをくぐってから、絶景が望めます。
a3.jpg
こんな感じです。
右上の手すりをご覧ください。
あれより、もっともっと高い所の石段を上がり降りの連続で、まさに運動不足の方にはにはもってこいです。
DSC00313.jpg
途中、上から水がポタポタと流れ落ちているところが、何か所かあります。
DSC00325.jpg
名称は広々とした千畳敷、猿戻り、鬼の風呂桶、木喰岩、鬼の見張り場、鬼の洗濯岩・・・。
洞窟や奇岩にユニークな名前がついており、ついつい最終地点までいくことに。
それぞれ、特徴のある洞窟や絶壁など重なり見飽きることがない名勝ばかりです。
a4.jpg
DSC00339.jpg
あれ、断崖絶壁の下に釣り人がいました。
でも、ここをどうして磯場へ???
で、気になるところ、ここでは何が釣れるんでしょう?
a5.jpg
ほとんどの方は三分一程度散策しましたら引き返しますね。
なんせ、暑い時や天候の悪い時は体力的にもきついですからネ。
DSC00310.jpg
で、道路側のトンネル通って帰ることに。
散策コースより、距離的約2kmくらいありますが歩くには楽と地元の方が教えてくれました。
途中で撮った写真ですが、道に案内表示があり、安心して帰りますよ。
DSC00364.jpg
鬼ケ城歩道トンネルは長さ509m、左側が歩行者専用道路で右側は一方通行の小型車のみでした。
DSC00361.jpg
トンネルを抜けると国道に出ますので、横断歩道橋を渡って、鬼ケ城の立て看板の前方の駐車まで行けば鬼ケ城東口に到着します。
DSC00365.jpg
月日:4月19日 
天候:晴れ
出発:和歌山県串本町鬮野川(午前10時)
到着:三重県北牟婁郡紀北町 道の駅「海山」(午後6時30分)
歩行距離:90㎞

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR