防災用具関係

必須備品 防災用具関係
旅道中で交通事故や自然災害による怪我や病気にならないよう、もしものために防備が必要かと、非常用具、非常食、非常薬を備えました。 
1.笛・・・人に知らせるときに、大声で叫ぶより笛の音は遠くまで響きます。
2.LEDヘッドライト・・・頭部に装着するので両手が自由に使えます。
3.ロープ・・・車の牽引や物を縛ったりするのに用います。
4.車止めブロック・・・停車中に車が動かないよう、タイヤを固定するものです。
5.簡易スコップ・・・穴を掘ったり土砂を取り除くのに使います。
6.キズ絆創膏・・・切り傷、擦り傷など応急処置薬。
7.包帯、ガーゼ・・・傷や出血などの個所に、包帯やガーゼを当てて保護します。
8.ブースターケーブル・・・ライトの消し忘れなどでバッテリーが上がった時に、他のクルマから電気を一時的に分けてもらうとき使う。
9.無線機・・・144/430MHz帯モービル機で山奥などで電話がつながらない場合に非常時に運用します。
          もちろん、アマチュア無線局の免許は持っています。 
10.レスキューマン・・・車から脱出する際、安全ベルトを切ったり、窓ガラスを破る非常用具です。
11.三角表示板・・・緊急停車に用いる停止表示器材。

LEDヘットライト、レスキューマン、笛、LED電灯(中、ミニタイプ)、反射帯  
DSC07584.jpg                                   

応急薬
キズ絆創膏、風邪薬、包帯、コロスキン、ほかに綿棒、ピンセット、ガーゼも常備。
DSC07579.jpg
ブースターケーブル、三角表示板
DSC07586.jpg
ロープ、手袋
DSC07589.jpg 

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR