八幡平の草紅葉を堪能

岩手の最高峰岩手山(2,038m)、その北側に位置するのは岩手県と秋田県にまたがる八幡平(1,613m)。
名前の通り、山頂部は真平で沼が点在し、大湿原が広がっており手軽に登れるのが魅力です。
DSC00012_20211020134138386.jpg
この山のもう一つの特徴はアクセスの良さです。
なんと、山頂近くまでバスや自家用車で行けます。
一番近いルートでは、わずか40分で頂上へ。
散策路も整備されていて、家族づれで楽しむことができます。
見返峠からの展望は素晴らしく、右側に八幡平山頂レストハウス、正面の山はもっこ岳(1,578m)、その後方の山は秋田駒ヶ岳(1,637m)が見えます。DSC00013_20211020134259865.jpg
今回は、青と緑、そして黄金色に輝く山頂部で秋を満喫。
コースは八幡平山頂レストハウスから、見返峠、八幡沼を反時計回りで陵雲壮、八幡沼、ガマ沼を巡りました。
DSC00023_20211020134432c11.jpg
山道は整備されており、木道の周りには一面草紅葉が見られました。
どこまでも続く黄金色の大湿原が素晴らしい!
湿原の先には針葉樹の森が広がっております。
DSC00017_20211020134547b5b.jpg
八幡沼は山頂部に南北190m、東西570mにおよぶ最大の沼で、6000年前に起こった水蒸気爆発で誕生した火口湖のひとつ。
展望台から見る沼の大きさと青空、草木の緑とのコントラストがきれいでした。
八幡平の一番大きい八幡沼ほとりに建つ避難小屋・陵雲壮。
ここは、だれでも利用できます。
無人の小屋に泊まる方は、準備を確認しておきましょう。
①寝具(寝袋とマット)
②水(翌日の分を含め一人3ℓ)
③食料(夕食と朝食の2食と万が一の分し多めに)
DSC00021.jpg
八幡平はやすらぎの山ともいわれています。
やさしさにあふれているので、どこを歩いても東北特有のゆっくりした時間を楽しむことができます。
何回来ても癒されるので、また来たくなります。
DSC00018_20211020134816b94.jpg
平らの山に広がる大自然、秋の八幡平で癒しの時間を堪能しました。
八幡平山頂レストハウス
住所 岩手県八幡平市八幡平山頂
電話 0195-78-3500
営業 午前9時〜午後5時
休業 11月上旬〜4月中旬(八幡平アスピーテライン冬季閉鎖期間)
盛岡駅-八幡平頂上:岩手県北バス:約2時間
田沢湖駅-八幡平頂上:羽後交通、秋北バス:約2時間20分
DSC00033_202110201349238ac.jpg
2021年10月9日 晴れ

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR