ひょっこりひょうたん島(岩手・蓬莱島)

蓬萊島は、岩手県上閉伊郡大槌町の大槌湾に浮かぶ島です。
ひょうたん形の島で、ひょっこりひょうたん島のモデルと言われる島の1つです。
東日本大震災では甚大な被害を受けましたが、今も着々と復興作業が続く大槌湾に浮かぶその島をたずねてみました。
DSC09568.jpg
蓬莱島までは防波堤が伸びており、湾内から長さ約340mほど歩いていけます。
蓬莱島と名付けたのは江戸時代の盛岡藩主・南部利視だそうです。
船に乗り海から島を見てその美しから、それまでは珊瑚島と言われていたのを蓬莱島と呼ぶようにと告げたとのことです。
DSC09567_20201117165911978.jpg
防波堤の端まで進むと、そこには赤い細長い長い建物と鳥居があり、島の上には緑の建物があります。
そこまで行くにはコンクリートで作った歩道と階段を上っていきます。
また、歩道は海面に近いことから、満潮や荒れた時には渡ることができないかもしれません。
DSC09556.jpg
3・11東日本大震災で大槌町を襲った津波は蓬莱島も襲い、灯台は津波に飲み込まれて根元から折れて無くなったそうです。
現在ある灯台は震災後に再建され、地元大槌町民の公募で選ばれたデザインとなっております。
モチーフは太陽と砂時計で、真っ赤な灯台が印象的。
DSC09562.jpg
弁天神社祀られる弁財天像は鎌倉時代に大津波が起こり、その際に近くの浜に流れついた像。
それ以来地元漁師たちの守り神としてここに祀られたそうです。
これより地元では弁天島とも呼ばれるようになりました。
DSC09558_20201117181312cd6.jpg
三陸鉄道「大槌駅」
災後不通となっていたJR山田線大槌駅が、三陸鉄道へ移管され2019年に営業再開しました。
駅舎は海から離れた位置へと移され、駅舎もリニューアルしました!
駅舎は蓬莱島(ひょっこりひょうたん島)を形どった実におもしろい。
DSC09551.jpg
駅舎にはひょうたん島の仲間たちもたくさんいます。
これは、ドン・ガバチョ
ひょうたん島初代大統領。
おしゃべり、演説、歌うのが大好き。
一見の価値あり!大槌町を訪れたならぜひ立ち寄ってみてください!
DSC09549_202011172011389ec.jpg 
蓬莱島(ひょうたん島)
住所:岩手県上閉伊郡大槌町赤浜
拝観:自由
アクセス:三陸自動車道(釜石山田道路)「大槌」IC下車約10分
2020年11月17日(火) 晴れ 

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR