溶岩を歩いてみた!「焼走り溶岩流」

岩手県八幡平市にある焼走り溶岩流を歩いてみました。
ここは岩手山の中腹から流れ出た溶岩流がある場所で、延長は約4km、巾は約1.5kmほどあります。
一面に冷え固まった黒い岩石が広がっており、植物は土のあるところを除きほとんどありません。
国の特別天然記念物にも指定されております。
DSC09415.jpg
県道233号線沿いを焼走り登山口駐車場まで行く途中に、焼走り溶岩流展望所の案内板があったので展望台側から散策します。
道路沿いには3台ほど駐車できるスペースがあります。
その前方には宮沢賢治詩碑があるので、興味のある方は読んでみるのもいいですね。
DSC09446.jpg
展望台へ登って焼走り溶岩流を見ます。
自然観察路は展望台から焼走り登山口駐車場まで1,000m(約60分)です。
DSC09447_20201028195026d1f.jpg
展望台からは岩手山と焼走り溶岩流をみることができます。
あいにく、左上の岩手山は雲で覆われて山頂は見ることはできませんでした。
展望台からの景色を楽しんだら、ここから焼走り登山口駐車場まで散策します。
DSC09408.jpg
散策路の階段を上がると、すぐ目に入るのは焼走り溶岩流。
一面に冷えて固まった岩石がゴロゴロ転がっています。
まるで別世界に来たようです。
歩道は歩けるように整備されていますが、歩きにくいので足元に注意しながら歩きましょう。
DSC09428_20201028202811065.jpg
足を止めて景色を眺めながら観察するのも面白いかもしれません。
足元のコケ状植物に注目!
溶岩にくっついて自生する灰色のコケを見ることができます。
溶岩流形成後260年以上経った今でも、コケ類がほとんど占めているのは不思議なことだそうです。
DSC09418.jpg
こんな説明板がありました。
「この付近で空を見上げてみましょう」
鳥が飛んでいるのが観察できませんか・・・・・
DSC09422.jpg
岩手山に背を向けて真上から東の方向をみましょう。
トビ、カラス、ハトなどが飛んでるかもしれません。
しばらく観察しましたが、朝9時15分頃の時点ではくっきり見えるのは青空だけでした。
DSC09423.jpg
散策路も中間地点です。
ここからは早池峰山も遠くに見えます。
早池峰山には10月9日に登ってきました。
DSC09426_202010291425007de.jpg
こちらは八幡平。
実は昨日か今日に八幡平に行く予定でしたが、雪が降ったため道路は全面通行止めで断念。
八幡平や岩手山も山頂は雪化粧です。
DSC09427.jpg
さて、こんどは植物に目を向けてみましょう。
絵になるような松が生育しています。
アカマツ、ダケカンバ、ミネザクラなどやオオイタドリ、ススキなど見られます。
これはこの場所には土壌が残った特別な場所にだけ植物が生育しているそうですよ。
DSC09435_20201029143702605.jpg
焼走り登山口駐車場まであともう少しです。
耳を澄ましてみましょう。
目をとして3分間、何種類の音が聞こえるでしょうか?
溶岩流を渡る風の音も含めてください。
野鳥の鳴き声は何種類ですか?
・ポッポロリ ピッピキビ ツクツクホーシと聞こえたらキビタキ
・ツーピーツーピ- ジュクジュク・・・と元気よく聞こえたらシジュウカラ
・ツツピー ツツピーと鼻声で鳴くのが聞こえたらヤマガラ
・チョッピー チリーチョと聞こえたらホオジロ
・おなじみのホーホケキョと聞こえたら鶯
溶岩流を渡る風の音も含めてください。
野鳥の鳴き声は何種類ですか?
残念、カーカーと聞こえたのはカラスでした!
DSC09441.jpg 
撮影ポイントは
展望台側からいくと1つめの看板あたりは(コケの説明)岩手山と焼走り溶岩流が撮影ポイント。
空を見上げる看板がある所は、天候が良ければ早池峰山、八幡平も撮れます。
溶岩流の中に生育している、アカマツなどの植物もおすすめです。
DSC09431.jpg
溶岩の散策の準備は
溶岩の岩場で石がゴロゴロで不安定です。
夏場の散策は気温が高くなる場合がありますので、暑さ対策をしてから散策をしましょう。
道は歩きにくく、サンダル、スリッパ、ヒールでは足を痛めたりしますのスニーカーや登山靴などしっかりした靴で歩くことをオススメします。
DSC09438_202010291948031d0.jpg 
焼走り登山口駐車場に到着!散策所要時間は約60分。
今度は自然観察路がある県道233号線沿いを展望台まで約1,000mを歩いていきます。
途中に目にとまったカエデの紅葉が鮮やか!
DSC09444.jpg 
所在地 〒028-7113  岩手県八幡平市平笠 
駐車場 無料
交通アクセス (1)大更駅/車・タクシー約20分
車 東北自動車道 西根ICから県道233号線 経由 約9分
公開:春~秋
周辺にはトイレ、オートキャンプ場、日帰り温泉、天文台、キャビン村があります。
DSC09442.jpg
2020年10月27日(火)晴れ

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR