安比高原ブナ二次林の紅葉

安比高原ブナ二次林は安比高原スキー場から車で5分程度の場所にあります。
紅葉の時期は終わりかけていました。
二次林とは、本来その土地にあった森林が、台風や噴火などの自然災害や伐採によって裸地となり、その後、自然に再生した森林とのことです。
地元の人が「前のまきば」「中のまきば」「奥のまきば」と呼んでいる安比高原です。
 DSC09344.jpg 
散策コースは
ブナの駅→焼野のまきば分岐点から右→ブナ2次林→巨木を育む森→Uターン→焼野のまきば分岐点から右に→白いブナ林→奥のまきば→黒滝→Uターン→ハートの小路→中のまきば→ブナの駅
時間に余裕がある方は全コースをした見てはいかがでしょう。
お急ぎの方はブナ駅を起点に一から二コースをおすすめします。
DSC09325.jpg 
ブナの駅から出発する
出発地点となるぶなの駅には小さな休憩所になって、トイレもあります。
駅の前には中の牧場があり馬が放牧されています。
ここを起点にトレッキングコースを標識にそってブナ林を散策できます。
DSC09327_202010261746371b7.jpg 
ブナの駅左手に進むと、あっぴ高原 遊々の森の看板があります。
沢水が流れるところを渡っていきます。
DSC09329.jpg
木々の葉は落ちはじめ、真っ赤な小粒の実だけが秋を惜しむかのように見えました。
食べられるのでしょうか?
DSC09337.jpg
ブナの駅から300mほど進むと、焼野のまきば分岐点があります。
右へブナ林コースを散策します。
DSC09338_202010261923543ae.jpg
林内には散策路が整備されており、やわらかな木漏れ日を浴びながら黄色に染まった落ち葉のじゅうたんを歩くはふわふわと心地が良いです。
DSC09339.jpg
巨木を育む森
ブナ二次林を抜けると道路に出ますが、その向こう数百メートル行くと、マザーツリーと呼ばれるブナの巨木があります。
DSC09353_20201027070035b0e.jpg
その迫力は圧倒され、見上げるとさらに大きく見えます。
DSC09357.jpg
ブナ(ブナ科)
温帯林の代表的な樹木で樹皮は灰白色で滑らか。
若枝は褐色で光沢があり、原生のブナ林で覆われている白神山地は世界遺産で有名ですね。
主に家具の使われています。
DSC09360.jpg
ホオノキ(モクレン科)
葉は輪生状で大きく、物を包むのに使ったそうです。
花には甘い芳香があって、樹皮や果実は薬用になります。
また、木は版画材に用いられます。
DSC09370_20201027131249b99.jpg 
ナナカマド(バラ科)
和名はカマドに七回入れても燃え残るからとされています。
観賞用としても街路樹公園や庭に植えられています。
DSC09366.jpg
ここの紅葉の楽しみ方
安比高原ブナ二次林は例年10月上旬ごろから紅葉が見頃を迎えます。
ピークは10月中旬頃で、安比高原スキー場の紅葉より標高が低いので、若干遅いと思います。
DSC09376.jpgブナ林散策ブナ林散策は山登りのような重装備は特に必要ありません。
水分補給のペットボトルぐらいで十分です。
落ち葉のじゅうたんをゆっくり散策しましょう。
DSC09385.jpg 
少し足をのばして黒滝に行きます。
ブナの駅から左手の道路か奥のまきばから行きます。
DSC09388.jpg
黒滝入口には駐車場もありますので、ブナの駅からそこまで車でいくのもよいでしょう。
(ブナの駅から2km、駐車場から滝まで1km)
DSC09389.jpg
例年の色付き始め 10月上旬
例年の紅葉見頃 10月上旬~10月中旬
DSC09361.jpg
所在地  〒028-7557  岩手県八幡平市国有林内
交通アクセス  (1)安代高原駅から車で10分
今日は八幡平市にある、岩手山焼走り温泉いこいの村岩手に宿泊します。
右上前方の山は岩手山で、雪と雲でかすかに見えます。
DSC09407_20201027133059ab3.jpg
目の前には沢山の料理が。
今晩の夕食を楽しみに食事処へ。
目の前には沢山の料理が。
DSC09398.jpg
ほかに野菜サラダ、茶碗蒸し、味付きごはん、おそば、デザートにアイスクリームが出てきました。
どれを食べても、美味しいでした。

岩手山焼走り温泉いこいの村岩手
所在地:岩手県八幡平市平笠24-1-4
電話番号:0195-76-2161
DSC09405.jpg 
肝心の宿泊代ですが、大人1泊2食、禁煙でざっと12,250円のところ5,015円でした。
差額はGoToトラベル35%クーポンと地元割クーポン券3,000円クーポンを利用。
また、ホテル側からはGoToトラベル地域共通クーポン券2,000円と八幡平市クーポン券2,000円(明日まで有効)いただきました。
これで、2,000円は飲食代、2,000円はお土産を買います。
DSC09397.jpg

2020年10月26日(月) 晴れ時々曇り

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR