山寺の石段を登ってみた

山寺は長い階段を登り参拝することで有名な寺です。
階段入口の登山口から終点である奥之院まで階段は続いています。
海抜417m、 麓の根本中堂(海抜258m)で標高差は159m、さて石段は全部でいくつあるでしょうか?
DSC09161.jpg
コース内容と所要時間は
根本中堂→宝物館→山門→せみ塚→仁王門 →奥之院→参道下る・開山堂、納経堂、→五大堂→下山
個人差によっては違いがあるものの、およそ往復に2.5時間は要します。
また、石段を登っていきますので、なるべく軽装でタオルやハンカチは持参し、靴はサンダルやハイヒールは避けたほうが無難でしょう。
DSC09165.jpg
登山口
山寺の入口には登山口と書かれており、ここから石段を登っていきます。
DSC09174.jpg
根本中堂
登山口の石段を上がると約2分で根本中堂に着きます。
入母屋造りで銅板葺の内陣には鎌倉時代の一本彫秘仏本尊、薬師如来座像が安置されております。
50年に一度しかご対面できないそうです。
通常時は、参拝と不滅の灯火をみるだけになりますが、山寺のおすすめの観光名所です。
DSC09176_202010231539387b8.jpg
根本中堂から宝物館、山門へと進みます。
山門は鎌倉時代につくられたとされ、ここからは奥の院までの登山入口となります。
ここで入観料を払って参道を登っていきます。
DSC09193.jpg
姥堂
この堂の本尊は奪衣婆の石像。
ここから下は地獄、ここから上が極楽という浄土口で、そばの岩清水で心身を清め、新しい着物に着替えて極楽に登り、古い着物は堂内の奪衣婆に奉納します。
一つ一つの石段を登ることによって、欲望や汚れを消滅させ、明るく正しい人間になろうというものです。
DSC09199.jpg
修行者の参道
お山の自然にそってつくられた参道は、昔からの修行者の道。
一番せまいところは約14センチの4寸道で、開山・慈覚大師の足跡をふんで、私たちの先祖も子孫も登ることから、親子道とも小孫道ともいわれています。
登山口から360段あまり、奥の院まで640余段あります。
DSC09204.jpg
参道のあちこちの、車のついた後生車という木柱は、年若くして亡くなった人の供養で、南無阿弥陀仏ととなえて車をまわすと、その仏が、早く人間に生まれてくることができるといいます。
 DSC09206.jpg 
せみ塚
登山口から奥之院までの中頃にあるのが、観光名所の一つ「せみ塚」です。
松尾芭蕉が、山寺を訪れた時に詠んだという句「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の短冊を埋めた場といわれています。
奥の院ま580余段。
DSC09211.jpg 
弥陀洞
ながい歳月の風雨が直立した岩をけずり、阿弥陀如来の姿を作り出しました。
約4,8メートルの姿から丈六の阿弥陀ともいい、仏のお姿に見ることができる人には、幸福がおとづれるといわれています。
DSC09217.jpg 
仁王門
嘉永元年1848年再建された、けやき材の優美な門で、 左右に安置された仁王尊像は運慶の弟子たちの作と云われる。
DSC09219.jpg 
修行の岩場
正面の岩に巌をかさねた岩場は、釈迦ヶ峰といい、危険な岩場を通って、お釈迦さまのみもとにいたる行場で、出世や欲望のための修行者が、岩場から転落死したことも多かったと伝えられており、今では修行者以外の登山を禁じているそうです。
DSC09253.jpg  
山頂売店
ここでは飲み物やお土産がたくさんあります。
またトイレもありますので休憩には便利です。
登山口から840段登ってきたそうです。奥の院まであと、160余段でもう一息です。
DSC09230.jpg 
奥之院と大仏殿
奥之院の手前には、石段と立派な灯籠があり、日本三大灯籠と呼ばれている金灯篭です。
右手に行くと奥之院、左手には大仏殿があります。
大仏殿には、阿弥陀如来坐像があり、高さ5メートルほどあるといわれています。
奥之院である如法堂でも一般の授与所とちがうお守りがあって、おすすめは山頂木魚となっている奥之院でおいてある木魚です。
石段の数は登山口から奥之院まで1,000段は超えています!
DSC09244_20201023195207e8c.jpg
華厳院は三重塔で有名な場所。
注目は岩の中にある小さい塔です。
ここの三重塔は、国の重要文化財に登録されるほど歴史あるもので、日本で最小と言われています。
DSC09247_20201023195720f6e.jpg
開山堂、納経堂
立石寺を開いた慈覚大師円仁を祀るお堂で、大師の木造の尊像が安置されて居り朝夕食飯と香を供えています。
向かって左の岩の上の赤い小さな堂は写経を納める納経堂で山内一古い建物です。
DSC09254_20201023200110edf.jpg
右上の建物が五大堂です。
五大堂は山寺唯一の展望所となっており、ここから眺める絶景が楽しめます。
また、不動明王を中心とした5名の明王が組み合わさった五大明王を祀っているから五大堂といわれています。
五大明王の残りは、降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王です。
DSC09267.jpg 
五大堂展望所から見る街並み
DSC09262_2020102320095503d.jpg
木々はまだ色づき始めたばかりで、10月末が紅葉の見ごろになりそうです。
山寺 立石寺
所在地:〒999-3301 山形県山形市山寺4456-1
観覧時間:8:00~17:00
入観料:大人300円・小人200/100円
アクセス
JR仙山線、山形駅から15分で山寺駅から徒歩10分
車では山形北IC より車で20分
DSC09262_2020102320095503d.jpg
山寺周辺のおすすめランチ
お休み処対面石
対面石という大岩に寄り添うように建つ、お食事処「対面石」です。
おそばとお団子が名物。
あったかいおそばを注文。
中には里芋、ねぎ、キノコ、お肉など入っており美味しい。
天ぷらも単体で追加などができますし、芭蕉御膳なるメニューもあります。
DSC09172.jpg
お休み処対面石
住所:〒999-3301 山形県山形市山寺4411
電話番号:023-695-2116
営業時間:8:30AM–6PM

2020年10月18日(日)曇り

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR