東北の名峰 栗駒山

栗駒山は標高1626m、岩手県,宮城県,秋田県にまたがる日本二百名山の一つです。
豊富な高山植物が魅せる、四季折々の美しい表情が人気の山です。
5月中旬の山開きには残雪を踏み始めて登山、6月~7月か可憐な高山植物、9月下旬から10月中旬までは山が燃えるかのような紅葉を楽しむことができます。
今日は日帰りで山頂まで登ります。
DSC08550.jpg
一関ICから約50km(約60分)で須川高原温泉に到着。
須川高原温泉駐車場には須川ビジターセンターがあり、栗駒国定公園について視聴覚できます。
DSC08556.jpg
岩手県側の須川温泉登山口から登ります。
山頂までの所要時間は、須川温泉登山口から約2時間半、ゆっくりと登っても3時間半程度です。
登山道入り口
須川温泉登山口から直進するとおいらんコース、左折すればゼッタ沢コースを登ります。
どちらのコースからでも約10分で合流後、名残ヶ原入り口まで100mです。
DSC08559.jpg
DSC08571_20200611132457d8d.jpg
湿地帯に整備された木道を進み名残ヶ原分岐へ。
直進が山頂、右は賽の磧へ。
DSC08568.jpg
木道から見るワタスゲの群生。
DSC08569.jpg
イワカガミ
高山植物のイワカガミがピンク色のかれんな花を咲かせていました。
岩場に生え、光沢のある葉を鏡に見立てたことから名前が付いたそうです。
DSC08570_202006111334067c4.jpg
 
名残ヶ原から少し登ると苔花台。
左がゼッタ沢を渡り産沼コースへ。
右側の須川コースは火山ガスにより立ち入り禁止となっています。
DSC08573.jpg
雪解け後の春から初夏にかけて、湿地に咲き乱れる水芭蕉もまた、不変の美しさの象徴のように感じさせてくれます。
水芭蕉の花言葉は「美しい思い出」「変わらぬ美しさ」です。
DSC08576.jpg
産沼コースに入りゼッタ沢を渡ります。
融雪や降雨による増水時は危険ですので渡らないようにしましょう。
産沼到着のまでの間には三途の川・四苦八苦坂があります。
この沢は三途の川。
DSC08579.jpg 
四苦八苦坂周辺は足場が悪く、急階段や急な坂が続くため足元に気を付けて登りましょう。
瑞山(笊森)コース分岐点の手前に産沼がありますが、残雪で確認できませんでした。
山伏稜線までたどり着くと山頂まで約30分、あともう少しです。
できれば、ストックや手袋を使用しましょう。
DSC08581_202006111658478c1.jpg
栗駒山(須川岳)山頂
栗駒山は岩手県では須川岳とも呼ばれ、秋田では大日岳、宮城では駒ヶ岳とも呼ばれています。
DSC08589.jpg
栗駒山の登山適期は一般登山者には新緑から紅葉までの5月中旬から11月上旬頃が適しています。
6月下旬頃まで残雪がありますので、十分に注意してください。
遠くの山は鳥海山が見えました。
DSC08584.jpg
こちらの山は月山です。
DSC08585.jpg
栗駒高原いわかがみ平がみえます。
いわかがみ平駐車場-(80分)-中央・東栗駒分岐-(10分)-栗駒山山頂。
山頂までの登山道は幅も広く、よく整備されています。
距離が最も短く標高差も少ないので、初心者に最適のコースです。
DSC08591.jpg
豊富な温泉がいっぱい!
栗駒山の周辺は須川温泉や湯ノ沢温泉など、温泉が豊富に湧き出ています。
さらにどの登山口にも温泉があるので、登山の疲れを癒すのに立ち寄ってみましょう。

須川高原温泉/露天風呂
泉質は日本でも珍しい硫酸を主成分とした強酸性で、筋肉痛の他に切り傷なとにも効果があります。
【住所】岩手県一関市 厳美町祭畤山国有林内46林班ト
【電話番号】0191-23-9337
【営業時間】毎週水曜日が定休日、※冬期休業あり
【料金】内風呂と露天風呂それぞれ大人600円/子供300円、※内風呂は9~16時、露天風呂は6~21時の利用時間
DSC08608.jpg
まとめ
須川ビジターセンターで情報を確認してから登山しましょう。
産沼コースは自然観察路で高山植物が楽しめます。
名残ヶ原や苔花台は6月下旬からワタスゲ、7月中旬からキンコウカが群生します。
登山の装備は足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具など準備しましょう。
秋の紅葉は9月20日過ぎから山頂より始まり10月中旬まで楽しめます。

須川高原温泉
住所 岩手県一関市 厳美町祭畤山国有林内46林班ト
駐車台数 300台(無料)
アクセス 一関ICから約50km(約60分)

栗駒山周辺(岩手県側)の観光スポット
一関ICから厳美町から須川高原温泉までに空飛ぶだんご、ソフトクリーム「ポラーノ」、祭畤大橋、須川岳秘水を紹介します。
DSC08551.jpg
空飛ぶだんご
栗駒山から一関市を流れる磐井川の侵食によって形成された厳美渓は、岩肌の姿や形を変化させながら全長2kmの景観が続きます。
対岸にある団子屋さんからワイヤーを伝って籠に入った団子が空を飛んでくるように運ばれてきます。
DSC08497.jpg
注文はかごの中に500円(一パック)入れて、脇にある棒で板をコンコンと叩くとお金を入れたかごがお店まで。
注文しただんごがお茶とともに戻ってきます。
あん、ゴマ、しょうゆ味が美味しいです。
DSC08499.jpg
郭公屋 (かっこうや)
住所 岩手県一関市厳美町字滝ノ上211
お問い合わせ  0191-29-2031
アクセス 一関インターチェンジから車で15分程度
営業時間 9:00~17:00
定休日 無休 ※冬季休業
DSC08503.jpg
手作りアイスクリームの店 「ポラーノ」が国道342号沿いに月と星の看板があります。
DSC08512_202006111959273ac.jpg
地元でとれた旬の野菜や果物を使い、季節ごとにメニューが入れ替わります。
一関方面に出かけたらお立ち寄りください。
岩手県一関市厳美町入道178−3
〒021-0101 岩手県一関市厳美町入道178−3
DSC08508.jpg
祭畤大橋
2008年の岩手・宮城内陸地震で倒壊した祭畤大橋が、被害の大きさを物語っています。
DSC08614.jpg
須川岳秘水「ぶなの恵み」
国道342号沿い(真湯ゲートから3,2km)にある湧き水で、豊かな生態系に恵まれ良好な水質、豊富な水量を持っています。
水を口にすると冷たくまろやかで美味しいです。
DSC08609.jpg
2020年6月9日(火曜日)晴れ

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR