山頂は真っ赤に染めるヤマツツジが美しい室根山

岩手県一関市室根町にある標高は894.7mの室根山。
山頂を真っ赤に染める約20万本ともいわれるヤマツツジ、レンゲツツジの群落が見られます。
新型コロナウイルス感染拡大に伴う、緊急事態宣言の全面解除から最初の日曜日に初めて山登りに挑戦。
今年は旅計画は関東、近畿地方を巡る予定でしたが断念。
県外の移動を避け、県内の山登りと鮎釣りに変更しました。
DSC08387.jpg
JR大船渡線折壁駅下車、車で山頂まで20分、登山するなら蟻塚公園まで5分です。
蟻塚公園から登山することにします。
DSC08393_20200601210630c57.jpg
蟻塚公園に着くと、室根山周辺のマップ図がありますので確認してから行きましょう。
DSC08394.jpg
蟻塚公園駐車場(無料)へ車を止め、ここから登山道を進みます。
DSC08397.jpg
頂上までは、ほぼ一直線な急こう配の道を登っていきます。
DSC08406.jpg 
途中、右手の参道を進むと名勝 姫瀧に。
室根神社境内の西側、三十三観音の下から湧き出る清水が源で、白絹をのばしたような小さい瀧で姫瀧とよばれています。
DSC08409.jpg
姫瀧
室根神社の西側、三十三観音の下から湧き出る清水が源で、白絹をのばしたような小さい滝で姫瀧と呼ばれています。
新緑のころ、青葉に見え隠れする姿は人の心をなごませてくれます。
(2回目の登山で立ち寄る 2020.9.20)
DSC09008.jpg 
芦東山籠岩
室根山をこよなく愛した大東町渋民生まれの儒学者芦東山(1697~1776)が、岩窟にこもって思索したと伝えられ、大きな岩には人がかがんで入れるような空間があります。
(2回目の登山で立ち寄る 2020.9.20)
DSC09007.jpg 
室根神社は蝦夷平定の祈願所と知られ、その昔、源義経、弁慶も先勝祈願に平泉から馬を飛ばして二度参詣に来ています。
代々伊達藩戦勝三大祈願所の一つで、合格(入学、進学、就職)祈願、必勝(スポーツ、各種競技)祈願の参詣が多いとのことです。
DSC08413.jpg
「金と銀の鈴」二つ揃った日本一の鈴
本宮に金の鈴、新宮に銀の鈴(いずれも高さ35cm、直径31cm)の大きい鈴で日本でもここだけです。
DSC08420.jpg

本宮で金の鈴を鳴らして願をかけ、新宮で銀の鈴を鳴らして願をかけると願いが叶うといわれ「ヤル気」が出てくるというありがたい神社です。
DSC08419.jpg
室根神社から約15分。
頂上はもうすぐです。
DSC08424_202006021306081f5.jpg
室根山山頂に到着です。
ここからは360度の大パノラマが見事です。
DSC08430.jpg
大空にはハンググライダーが、その背後には大島と太平洋が見えます。
DSC08463.jpg 
眼下に見えるのは望洋平オートキャンプ場。
DSC08427.jpg
頂上付近には約20万本ともいわれるヤマツツジ、レンゲツツジが美しい。
DSC08435.jpg
きらら室根山天文台
屋上に設置された天体ドームには口径50cmの反射望遠鏡と口径15cmの太陽望遠鏡で、昼夜を問わず天体観測を楽しむことができ、展望所では気仙沼方面の海岸線や北上の山々を望むことが出来ます。
昼間は、広大な岩手や宮城の自然を、夜は星空や夜景を見ることができ、結構人気スポットとなっています。
風が強い場所で、夏でも涼しく、夜に出かける際には長袖を持参されることをお勧めします。
開館期間 4月中旬~11月
開館時間 午後1時~午後5時
夜間会館日 金曜日、土曜日、日曜日、祝祭日前日と当日
 午後7時30分~午後9時30分
入館料 小中学生 150円、高校生以上310円
ただ、新型ウイルス感染拡大防止対策のために開館は確認できませんでした。
DSC08436.jpg
きらら室根山天文台の三階展望場かたみると、真下には愛好者が大空へ舞い上がる瞬間を見られました。
DSC08441.jpg
室根山頂上から見る大パノラマを満喫後下山します。
周辺には室根高原牧場、牧場のレストラン、大東ふるさと分校 まきばの湯や乗馬クラブハウスに立ち寄るのも良いでしょう。
DSC08476.jpg
牧場レストランではやわらか羊やいわいどりのお肉がお勧めです。
住所/岩手県一関市大東町
大原字山口51-139
電話/0191-72-3125(大東ふるさと分校)
DSC08481.jpg 
室根山周辺のお土産屋さん

「まんじゅう屋」
明治後期創業から100年以上、伝統の味を守り作られている「しもまんじゅう」。
しっとりの薄皮に上品なこし餡。
DSC08520.jpg
まんじゅうを作った初代・佐藤しもよさんのお名前から「しもまんじゅう」と呼ばれるように。
営業時間:7:00~19:00
・定休日:不定休
・住所:岩手県一関市大東町沖田八日町22
DSC08483.jpg
元祖 白あんぱん「千葉本店」
白砂糖がびっしりついておりよほど甘いのかな思いましたが、食べてみるとあっさりとした甘さ。
素朴な和菓子の味は地元でも有名。
室根山入り口にあります。
住所: 岩手県一関市室根町折壁1-15
電話: 0191-64-2040
DSC08519.jpg
室根山周辺のお土産
からあげ家 道の駅むろね店
定番のからあげは柔らかく、サクッとジューシーです。
住所 岩手県一関市室根町字向山131-4
DSC08490.jpg
まとめ
室根山山頂のツツジの見ごろは5月末から6月上旬です。
きらら天文台からみる星空や夜景を見ることができ、人気スポット。
登山道はほぼ一直線の急こう配で滑りやすいのでハイヒールやサンダルはご遠慮ください。
車で頂上まで行けます。
周辺には日帰り入浴施設、レストラン、キャンプ場などの立寄りスポットもあります。
室根山山頂までの所要時間は片道車で20分、登山入口から徒歩で1時間30分です。
大空にハンググライダーが見られます。
所在地
〒029-1111  岩手県一関市室根町折壁字室根山 
交通アクセス
(1)折壁駅から車で20分
DSC08484.jpg
2020年5月31日(晴れ)
二回目登山 2020年9月20日(曇り)
 

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR