安土城跡

滋賀県近江八幡市にある、安土城は織田信長が天下統一に向けての拠点として琵琶湖東岸の安土山に築いた城です。
本能寺の変後に安土城の天主と本丸は何者かによって焼かれ、焼失しまいました。
その後、信長の子・信雄が羽柴秀吉との戦いに敗れると、織田氏天下の終焉とともに安土城も廃城となりました。DSC07918.jpg
大手道の両側には、羽柴秀吉や前田利家など織田家臣の屋敷があったと伝えられています。
写真の手前が羽柴秀吉の屋敷跡で右上の建物は摠見寺仮本堂(伝徳川家康邸跡)です。
DSC07930.jpg
安土城中枢部へと至る主要な入口の一つとなっていた、黒金門跡で石垣に巨石が使われていることが分かります。
DSC07945.jpg
天主閣跡の西下に広がる二の丸跡には信長公の本廟が。
羽柴秀吉が信長の遺品を埋葬して本廟としたそうです。 
DSC07955.jpg
天主跡には礎石が当時のまま残されてあり、これは天主の地階にあたる場所でした。
DSC07946.jpg
天守跡から琵琶湖を臨む。
DSC07962.jpg
摠見寺跡の下方にある三重塔。
DSC07965.jpg
摠見寺二王門は安土城築城の際に信長が甲賀から移築したものと伝わっており、門内の金剛力士像は応仁元年(1467年)の作だそうです。
DSC07969.jpg
所在地:〒521-1311  滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
見学時間:9:00~16:00 終了時間は季節により変動あり
料金:大人:700円
駐車場:あり
交通アクセス
JR東海道本線(琵琶湖線)安土駅下車、徒歩25分
名神高速道路 八日市ICより35分前後
名神高速道路 竜王ICより40分前後
2019年10月30日(水) 晴れ

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR