備中国分寺五重塔

備中国分寺は聖武天皇の発願によって諸国に建立された国分寺の一つで、備中国分寺は南北朝時代に消失したとされ、現在の建物は江戸時代に再建されました。
境内にそびえる五重塔(国重文)は、県内唯一のものです。
DSC07414.jpg
また、庫裡・裏書院・経蔵は岡山県指定の文化財となっています。DSC07405.jpg
江戸時代からの鐘楼 DSC07408.jpg
春は、近くの田園がレンゲで美しくピンクに染まるそうです。
撮影ポイントは夕暮れ時の五重塔と夕日の景色。
道路沿いに駐車場もあり、いつもそれほど込み合ってないので、のんびり過ごせる最適な場所だと思います。
DSC07415.jpg
訪れたい時期は
・暮れどきに西の空をバックに五重塔を撮る
・備路れんげまつりはれんげの花の咲く頃
・秋はコスモスと稲穂の金色が美しい
住所:〒719-1123  岡山県総社市上林1046
交通アクセス
(1)総社駅から車で15分
(2)岡山総社ICから車で10分
車では
山陽自動車道岡山総社ICから備中国分寺までは車で10分
備中国分寺そばの吉備路もてなしの館駐車場スペースは、50台駐車可能

2019年10月25日(金) 曇り

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR