雲仙地獄めぐり

長崎県雲仙市小浜町の雲仙温泉の中にある雲仙地獄は、地獄の数は30余りあります。
今日はここの地獄を見ます。
DSC05437.jpg
雲仙周辺に4箇所の温泉神社が創建されたことから「温泉四面神」と呼ばれるようになったとも伝わっています。
まず、地獄を見る前に温泉神社でお参りを済ませ、本殿左手に夫婦柿があったのでここもお参りを。
DSC05429_20190614154530a7e.jpg
八万地獄
「八万」とは人の煩悩の数からきていて、煩悩によって行われた悪行のすえに落ちる地獄のことを八万地獄と言います。
雲仙の各旅館の温泉はここから引かれていて、この地獄にはパイプが縦横に設置されています。
八万地獄から少し登ったところに展望台から見る景色はおすすめです。
DSC05443_20190614160728285.jpg
温泉と噴気
雲仙の温泉質は、硫酸イオンの多い硫黄泉で、強い酸性を持っています。
古くから温泉療法として用いられ、リュウマチ、糖尿病、皮膚病に効果があるそうです。
また、シューシューと音を立てて噴き出している噴気の最高温度は120度もあるのにビックリ!
DSC05447_20190614160728684.jpg
江戸時代にはキリシタン殉教としても有名で、キリシタン弾圧の拷問が始まったのは1627年で、その後1631年までの間に33名ものキリシタンが雲仙で殉教したとされており、この殉教した33名を称して記念碑も建てられています。
DSC05457_201906141624304b8.jpg
大叫喚地獄
ここは、雲仙の中で最も活発な場所で、展望台からは激しい噴気の様子を間近で観察することもできます。
勢いが良いと噴気は30から40メートルにも達するときがあるそうです。
この時聞こえる噴気音が地獄へ落ちる者の叫び声にも聞こえることから「大叫喚地獄」と名付けられました。
人気スポットです!
DSC05469_20190614162905609.jpg
観光客だと思うのですが、周辺の石の上にはたくさんの小石が積み重なっておました。
きっと、地獄に落ちないようにと、念じたのかもしれませんね。
DSC05467.jpg
泥火山
地中から噴気で盛り上がって成長する小さな山がたくさん作られ、その景観は雲仙地獄の中でも独特で見応えがあります。
ボコボコと音が聞こえます。
DSC05479.jpg
いくつもの地獄の途中、探勝路に木や鳥そして草などの名称などがあり楽しみながら巡ることができます。
DSC05483_2019061416512894c.jpg 雲仙地獄めさて、ここを下っていくとまたまた地獄が見えてきました。
ここの見どころはお糸地獄です。
DSC05485_20190614165127df9.jpg
お糸地獄
ここは明治の頃に噴出した地獄で、雲仙地獄のなかでは比較的新しい場所となります。
「お糸地獄」の名前の由来は、不義密通と夫を殺した罪で処刑された「お糸」という女がいて、「家庭を乱すと地獄に落ちる」という戒めがこめられこの名前がつけられたそうです。
DSC05489_20190614165126443.jpg
面白いものがありました。足蒸し体験です。
ここは休憩所になっていて、足を置いて地獄の地熱や噴気を体感することができます。
ただし、裸足や長時間同じ場所に足を置いておくと、火傷の原因になりますので十分お気をつけください。
地熱や噴気は自然現象なので急変することもありますが、地獄を体感できるスポットなのでおすすめです。
ここに来る前に、温泉に入った後なのでここはスルーです。
DSC05492_20190614170121836.jpg

清七地獄
周辺が風向きによっては水蒸気で視界が遮られることもあるほど強い硫黄臭が立ち込めます。
この名称はキリシタン禁制により処刑された「清七」という男がいて、その男の名前にちなんでつけられたのが由来です。
DSC05502_201906141705466d6.jpg
さて、雲仙の地獄を十分堪能しましたのでゆけむり橋を渡って、現実の世界に戻ることに。
DSC05504_201906141710518c1.jpg
駐車場に戻る途中に見つけた、おもちゃ博物館のお店。

DSC05509_2019061417105075e.jpg
お店の中に入ってみると、子供たちが喜びそうなおもちゃや駄菓子がいっぱい!!
いや、われわれ昭和時代に生まれた方はきっと思い出すに違いはありませんよ。
DSC05505.jpg
いや~懐かしい!!
めんこです。私たちは「ぱった」といって、相手のぱったを裏返ししたらもらえる。
これも、子供の賭けの遊びですよね。
DSC05507_20190614171049f51.jpg
特に女の子供に人気で、お風呂でも遊んだような気がします。
のちに、このおもちゃなどは金属製からプラスチック製に移っていたんでしょうね。
DSC05506.jpg
で、やっぱり思いだすのがこれ!
買いました。
甘いかとラムネ、タバコチョコが食べたかった。
運動会やお祭りの出店に並んであった、人気の一つで指につけて「こする」と煙の出るやつ!!
DSC05528.jpg
雲仙地獄
所在地:〒854-0621  長崎県雲仙市小浜町雲仙
交通アクセス
(1)諌早駅からバスで80分
雲仙地獄めぐりの所要時間
雲仙地獄は雲仙温泉街を挟んでこれら全てを回ると、所要時間は約1時間。
また、温泉たまご販売所、足湯広場など立ち寄りたい場所も回ると、休憩などを挟むと所要時間は約1時間半から2時間。

駐車場
第一駐車場(新湯駐車場)は50周年広場の近くにある駐車場で地獄までも比較的近い駐車場となります。
第二駐車場(新湯共同浴場前中有車上)」があり足湯広場のすぐ近くで、収容台数が33台。
第三駐車場(清七地獄駐車場)」は雲仙地獄に一番近いです。

2019年6月14日
天候:曇りのち雨
出発:佐賀県杵島郡白石町大字福富下 (午前7時00分)
到着:長崎県南島原市深江町 道の駅「みずなし本陣」(午後3時00分)
歩行距離:136㎞

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR