八幡平の樹氷

平成最後の日曜日(4月28日)に雪の回廊を見ようと、岩手県八幡平市の八幡平アスピーテライン・樹海ラインに出かけました。
この日は前日に季節外れの雪が降り、その影響で除雪作業のためか午後12時まで通行できませんでした。
思いもよらず、桜が満開かと勘違いするようなこんな景色を見ることができました。
DSC03344.jpg
東北自動車道松尾八幡平IC下車、数十分走ると左前方に見える山は?
DSC03319.jpg
カメラをズームアップしてみると、岩手山がお迎え。
DSC03321.jpg
前日、降った雪の影響で開通が午後12時との情報キャッチ。
八幡平アスピーテライン入り口手前、近くの松尾八幡平物産館で昼食をとり待つことに。
午前11時45分頃出発、途中道路わきに除雪の跡がわかる雪がまだ残っていました。
DSC03326.jpg
八幡平アスピーテライン展望所へ車を停め見渡すと周囲は雪模様でまるで真冬みたい。
アオモリトドマツに雪が氷結して樹氷となり、澄み渡る青空に似合い絶景。
DSC03332_201905071939156fc.jpg
見返り峠付近で見つけた、ふきのとうが春の訪れを待ちわびてるようでした。
雪の回廊を身近で見るには、八幡平山頂駐車場(有料)に車を停めるか、その数百メートル手前(東北自動車道松尾八幡平ICから)の無料駐車場に車を停めて散策できます。
山頂レストハウス付近の展望台からの光景です。
山頂は風が強く、気温は零度で真冬並みでここにいたのは数分で退散。
景色は雪一色の大パノラマが楽しめます。
DSC03347.jpg
展望台から降りて散策する観光客が大勢いました。
DSC03348.jpg
雪の回廊が見られるのは八幡平と八甲田山(八甲田ホテル〜谷地温泉の間、8km/例年4月1日開通)です。
八幡平の雪の回廊は、例年の積雪量だと高さが最大で7m~8mと八甲田より高く(八甲田の雪の回廊は6m前後)、距離も日本最長となるのが特徴です。
積雪や路面凍結のおそれがあることから、開通直後〜5月下旬頃までは、夜間通行止め(17:00~翌朝8:30)となるので注意。
天候悪化の際には日中でも通行止めとなることもあります。
DSC03355.jpg
八幡平で雪の回廊を眺めてから麓で桜の回廊を眺めるといった楽しみ方も人気。
バスを利用して八幡平へ訪れる場合、雪の回廊の時期にあわせて「八幡平散策バス桜と雪の回廊号」が運行しています.
GW期間中までは満足のできる光景を眺めることができます。
所在地:〒028-7303  岩手県八幡平市柏台 
交通アクセス
バス:東北新幹線盛岡駅より岩手県北バス八幡平山頂行1時間45分、終点より徒歩すぐ
車:東北自動車道松尾八幡平IC下車
八幡平アスピーテライン・樹海ライン開通/雪の回廊
開通日:八幡平アスピーテライン4月中旬(4月15日前後)、八幡平樹海ライン4月下旬(ゴールデンウィーク直前)
場所:八幡平アスピーテライン・樹海ライン

訪問:2019年4月28日

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR