禅の里・永平寺

永平寺は、道元禅師(どうげんぜんじ)によって開かれた坐禅修行の道場で、曹洞宗の大本山です。
DSC03143.jpg
寛元2(1244)年、道元禅師が47歳のときに、道場の名を永平寺と改め、修行僧を熱心に指導しました。
DSC03150.jpg
永平寺は33万平方メートルの敷地に70を超えるお堂と楼閣があります。
七堂伽藍(しちどうがらん)とその7つとは山門、仏殿、僧堂、大庫院(だいくいん)、東司(とうす)、浴室、法堂(はっとう)のことです。
建物の並びは坐禅を組んだ人の形にも例えられ、法堂は頭、仏殿は心臓などとも言われているそうです。
DSC03149.jpg
そのまま参道をまっすぐ行くと、唐門(からもん)があります
参拝入口右手に見える唐門は通常、一般の人は通ることができません。
重厚なつくりは外からだけでも見応え十分で、永平寺参拝の際には外せない撮影スポットです。
DSC03118.jpg
堂伽藍(しちどうがらん)という修行に欠かせない7つの建物が回廊で結ばれており、毎朝、雲水がぴかぴかに磨き上げます。
DSC03129.jpg
傘松閣(さんしょうかく)、別名絵天井の間。
1階は参拝の方々のための控室や研修・宿泊のための部屋ですが、2階は156畳敷きの大広間があり、その天井には昭和初期の有名な画家144人による230枚の日本画が埋め込まれています。
DSC03121.jpg
大庫院には雲水の食事をつくる台所があります。
1階には「典座寮(てんぞりょう)」と呼ばれる場所があり、食事担当の雲水は毎日午前1時半頃に起きて、皆の料理をつくるそうです。
大庫院の正面に祀られているのは足の速いことで有名な守護神韋駄尊天(いだそんてん)。
温かいものは温かく、冷たいものは冷たい状態で食事を運べるように、火事が起こったときにいち早く火を消せるように、などの説があるそうです。
DSC03137.jpg 
説法の場「法堂」
朝のおつとめなどの各種法要がこの建物で行われます。
中央には「聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)」が祀られています
DSC03127.jpg
山門の両側には仏教の守護神である四天王が祀られています。
DSC03141.jpg
この他にも、
瑠璃聖宝閣には永平寺に伝わる貴重な古文書や書画などが多数収められています。
駐車場と提携しているお店も多数あり、1000円以上お土産を買うと駐車料が無料になります。
大本山永平寺
住所:福井県吉田郡永平寺町志比
参拝時間: 8:00~17:00(5~10月)、8:30~16:30(11~4月)※朝のおつとめの時間帯も参拝可能
参拝料:大人500円、小・中学生200円
電話:0776-63-3102
2019年4月13日撮影

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR