回顧の吊橋

那須塩原市にある、1987年完成の全長100m、高さ30m、渓谷歩道の起点となる吊橋があります。
蟇石園地駐車場から尾崎紅葉の記念碑を眺めながら遊歩道を歩いていくと、回顧の吊橋にたどり着きます
吊橋に行くにはゆるやかコースと健脚コースがあり、所要時間的にはどちらを選んでも10分から15分程度でいけます。
DSC02315.jpg
吊橋は揺れますのでゆっくり静かに渡るとよいでしょう。
下流を見渡すともみじ谷大吊橋が見え、帰りに立ち寄ることにします。
DSC02321_201903301249332c6.jpg
尾崎紅葉の金色夜叉でも紹介された、塩原を代表する滝で、回顧の吊橋を渡って10メートル程歩くと観瀑台(展望台)があり、そこから滝を眺めることができます。
観瀑台から水晶のすだれをたらしたような滝が眺められます。
景色が美しく、「去る旅人が振り返らずにいられない」と言われたことから、この名が付いたそうです。
DSC02320_20190330124934b98.jpg
回顧の吊橋、回顧の滝へ行くには
蟇石園地駐車台数:普通車12台
(蟇石園地駐車場に大型車は駐車できません。)
所在地:〒329-2801 那須塩原市関谷字西山国有林
橋長:100メートル
幅員:1メートル
お問い合わせ
所属課室:塩原支所産業観光建設課観光商工係
電話番号:0287-32-2914
ファックス番号:0287-32-3886
もみじ谷大吊橋
もみじ谷大吊橋は、全長320mで無補剛桁歩道吊橋としては、本州最大級の長さを誇ります。
無補剛桁歩道吊橋とは、吊橋にはいろいろなタイプがありますが、通常の橋は吊橋に架かる荷重を支えるための補剛桁などが設けてあるそうです。
DSC02304.jpg
この吊橋は、補剛桁ではなく、ワイヤーロープを横に張ることにより吊橋の強度を高める構造になっている歩行者用の吊橋です。
あいにく、訪れた時間は強風のために渡るどころか吹き飛ばされそうで断念しました。
DSC02301_201903301347194a6.jpg

所在地:〒329-2801 栃木県那須塩原市関谷1425番地60
電話:0287-34-1037
利用時間:午前8時30分から午後6時まで
(ただし、11月1日から翌年3月31日までの間は午前8時30分から午後4時まで)
休業日:なし(年中無休)
駐車場:(R400号側・左岸)小型123台・大型8台(無料)、(右岸)小型25台(無料)
橋長:320メートル(塔間隔)
主塔高:26メートル
幅員:1.5メートル
渡橋料:大人(中学生以下をのぞく。)
個人1回300円、団体1回270円
中学生・小学生・65歳以上の高齢者・障がい者個人1回200円
中学生・小学生・65歳以上の高齢者・障がい者団体1回180円
幼児(小学校就学前の者)無料
 
月日:2019年3月28日
天候:曇りのち晴れ
出発:栃木県那須郡(午前9時30分)
到着:岩手県 自宅(午後5時55分)
歩行距離:347㎞
 

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR