五色沼は神秘の湖沼

福島県内の紅葉スポットで人気の高い五色沼湖沼群を散策。
五色沼は竜沼・弁天沼・るり沼・青沼・柳沼で紅葉と沼を巡りました。
DSC03792.jpg
青空に真っ赤に色づいた、モミジが鮮やかです。
DSC03740.jpg
沼によっては、エメラルドグリーン、コバルトブルー、ターコイズブルー、エメラルドブルー、パステルブルーと色が楽しめます。
裏磐梯高原駅近くの柳沼から毘沙門沼まで往復、所要時間は片道、約1時間30分位です。
DSC03743.jpg
五色沼自然探勝路で見られる沼を、裏磐梯高原駅側から順に巡ります。
一番最初に見られるのは「柳沼」です。
柳沼は、五色沼の中で3番目に大きな沼だそうですよ。
水面が静かで水の透明度が高いため、水面にはまるで鏡のように風景が映りこむそうですが、今日は少し風があるので左側だけが湖面に景色が反射してますね。
DSC03736.jpg
ここは、紅葉の名所として人気の沼でおおくの観光客が訪れるそうです。
今の時刻は正午を回ったところ。
なにやら、園児と親子さんかな?
お弁当の時間で、子供たちは食べるのに夢中で静かでしたよ。
DSC03737.jpg

さて、この遊歩道を進みます。
道には小石が少しあるくらいで、運動靴などで気軽に散策出来ます。
もう、紅葉が進んで見頃ですね。
DSC03741.jpg
青沼
名前の通り最も水面が青く光っていると言われる沼だそうです。
新緑や雪の季節の天気の良い日に訪れるのが特におすすめとのことです。
五色沼の中では一番小さい沼。
DSC03748.jpg
るり沼
磐梯山をバックに望む沼で、五色沼の中で一番神秘的だと言われてるそうです。
地下水が湧いており冬でも凍りにくく、季節によって青や濃緑へと色が変化するそうですよ。
DSC03754.jpg
沼をじっと見ていると、何やらカモがスイスイと泳いでいましたよ。
DSC03756.jpg
弁天沼
五色沼の中では2番目に大きな沼で開けた場所にあるため、太陽の光を受けてとても美しく輝いています。
ヨシが群生しているので、沼が見にくいために展望台が設けてありますので、そこから眺めるとよいでしょう。
DSC03764.jpg
この沼の風景をスケッチブックに描いている方がいました。
近寄ってみると、風景を上手く描いていました。
DSC03770.jpg
違う場所からパチリ!
一か所からではなく、様々な場所から眺めるのがいいですよ。
DSC03767.jpg 
竜沼(たつぬま)
季節によって色の変化を楽しめる沼だそうです。
でも、木々も生い茂っているため、じっくりと探さないと見つかりづらい沼です。
じっくり探してください。
DSC03776.jpg
 
この沼の端から水が流れているではありませんか。
DSC03777.jpg
みどろ沼
この沼は赤や黄緑などの色が楽しめる沼で、ひとつの沼でこれだけ色が違って見えるのは、水草の繁殖具合や水質や水深の違いなどで色が変化するためとのこと。
日の当たり具合によっても変化するので、天気の良い日には様々な色を楽しめるそうですが、この日は変化に気づきませんでした。
DSC03780.jpg
赤沼
水の色が赤いのではなく、沼の周辺に生えている草木が錆びた鉄のように赤くなっているためこの名前が。
季節や日の当たり方によって赤色ではなく褐色にみえることもあるそうですが・・・・・。
DSC03783.jpg

ここで見た、木の葉の色は、澄んだ黄色でくっきり浮かんで見えましたよ。
DSC03784.jpg
毘沙門沼
五色沼の中でも一番大きな沼で、雄大な磐梯山が。DSC03790.jpg
毘沙門沼は五色沼で唯一ボートが楽しめる場所。
駐車場も近くて、五色沼自然探勝路を歩かずにボートをゆっくりと楽しむことができます。
DSC03791.jpg
コバルトブルーが美しい!DSC03792.jpg
ここから、引き返すことにします。
落ち葉が遊歩道にひらひらと舞い降りて、秋が深まったことを実感しました!
DSC03798.jpg
火山噴火によってできた自然現象を、訪れた方に楽しませてくれます。
また、春夏秋冬楽しめる五色沼自然探勝路は初心者向きのトレッキングコースなので、気軽に訪れることができます。

住所:〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村桧原字剣ヶ峯1093-1055
電話: 0241-32-2349 
喜多方ラーメンを食べる。
お店の名前は「食堂なまえ」で喜多方ラーメン中華そばを味見。
DSC03706.jpg
めんは少し平たいタイプで具はシンプル。
懐かしいスタイル。
住所:福島県喜多方市永久7693-3
電話:0241-22-6294
DSC03708.jpg
スープの味は、薄味で少し醤油の風味が残りあっさり味で飽きないです。
DSC03711.jpg

新宮熊野神社「長床」
喜多方市にあり、大イチョウと長床が有名な神社。
DSC03704.jpg
大イチョウと長床
大イチョウは樹齢約800年ともいわれる、高さ30m、胸高の幹回り7.73mの神社の神木。
秋には辺り一面を黄金に染め上げ楽しませてくれます。
イチョウがの見ごろは、11月15日頃だそうです。DSC03679.jpg
長床の柱は直径1尺5寸(約45cm)の円柱44本が10尺(303cm)の等間隔、5列に並び、周りには壁も扉もない吹き抜けの壮大な建物です。
当時は神楽等の祭礼としても使われたと伝えられています。
長床は建物内に立ち入ることができ、平安時代を感じては。
DSC03660.jpg
住所:福島県喜多方市慶徳町新宮字熊野2258 
アクセス
・喜多方駅から車で15分
・喜多方駅からバスで15分(土日祝日のみ(11月下旬))
営業期間
公開:8:30~17:00 冬期間(12月~3月)土・日・祝日のみ見学可
料金
大人:大人:300円 宝物殿の拝観料含む 300円/団体(20名以上) 250円
高校生:高校生:200円 中学生以下無料
文化財:国重要文化財

月日:10月25日
天候:晴れ
出発:福島県河沼郡湯川村(午前8時15分)
到着:福島県耶麻郡猪苗代町「道の駅」猪苗代(午後4時00分)
歩行距離:75㎞

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR