吹割の滝

吹割の滝は、群馬県沼田市にあり、東洋のナイアガラといわれる有名な滝を見ることに。
紅葉には少しは早いですが、整備された遊歩道を一周して、利根の自然にふれあうことがことが出来ました。
DSC00909.jpg
散策コースは
1.吹割大橋から山側遊歩道→浮島観音堂→吹割の滝(滝までの所要時間約20分)コース。
2.吹割大橋から国道側道→追具交番前入口→吹割の滝滝までの所要時間約10分)コース。
どのコースでも一周しますと、実際の所要時間は60分はみておいた方がよいでしょう。
DSC00933.jpg
追具交番前の入口から出発、200メートルほど下っていくと吹割渓谷に出ます。
鱒飛の滝(ますとびのたき)は高さ15m、幅6m余。
吹割渓谷の中の下流部に位置する滝。
利根川の支流片品川にも鱒が遡上していましたが、この滝まで来ると段差があり上流に上れなかったそうです。
鱒が懸命に越えようとして飛び跳ねてたことが由来してその名前が付いたそうです。
DSC00897.jpg 
屏風岩(びょうぶいわ)
巨大な岩がそそり立って屏風に似た姿をしているので、屏風岩と呼ばれています。
850万年以前に流れてきた火砕流が固まってできた岩石だそうですよ。



DSC00893.jpg
ここから、上流の吹割の滝まで進む途中、向かいの奇岩を見ることが出来ます。
DSC00898.jpg

獅子岩(ししいわ)
吹割の滝下流の中央の岩が、獅子に似ているところからそう呼ばれているそうですが、どれが獅子の岩か確認できませんでした。
DSC00900.jpg
この遊歩道を進むと間もなく吹割の滝が待ちうけてくれます。
DSC00901.jpg
この変な形の岩はなんて言うでしょう。
DSC00902.jpg
甌穴(おうけつ)
川底のくぼみにあった石が、水の力で回転しながら岩を掘り下げることにより穴ができます。
水と礫(れき)の巧みな造形で、吹割の滝の下流には色々な大きさの甌穴を見ることができます。
DSC00904.jpg
吹割の滝(ふきわれのたき)
河床を割くように流れ、そこから水しぶきが吹き上げる様子からこの名がついたそうです。
DSC00909.jpg
ざぁ~ざぁ~と水が落ちていく音に、こちらの方が吸い込まれそうな迫力があります。
DSC00911.jpg

吹割の滝から見る、遠くに見える吹割橋。
DSC00910.jpg

おやおや、千畳敷前の浅い水辺に鳥が。
DSC00912.jpg
よ~く見ていると、なにやら水中に頭を入れて虫を探しているようです。
DSC00915.jpg
ひろ~い岩の千畳敷。
DSC00921.jpg
千畳敷のすぐ上流にある夫婦岩。
DSC00922.jpg 
浮島橋は全長150メートルの吊り橋です。
DSC00924.jpg
浮島橋から千畳敷と紅葉が始まった山々が見え、橋を渡ると、浮島観音堂にたどり着きます。
DSC00926.jpg
浮島観音と観音堂の由来
浮島如意輪観音は、古くから名匠・左甚五郎の作と伝えられてきました。 
左甚五郎は、寛永時代の日光東照宮の大造営に添棟梁として加わり、あの有名な「眠り猫」をはじめ数千の彫刻を完成させたと
言われています。
その頃、左甚五郎がこの地方を訪れたという来訪説では、時期ははっきりしていませんが、東照宮の完成(1636年)後、甚五郎は何度か日光を訪れたということなので、おそらくその何度目かの帰りに、遊山かたがた金精峠を越えてこの地を通り、追貝宿に一泊してこの観音像を彫ったと思われます。
DSC00928.jpg
ここのお堂には、参拝者が願い事を書いたお札が祀ってありました。
DSC00929.jpg
浮島観音を後に、吹割橋(全長140メートル)を渡って、今度は山沿いを終点の吹割大橋を散策します。
ここから、吹割大橋まで1,010メートルあります。
DSC00930.jpg
ここから階段を登り、遊歩道変と進みます。
DSC00934.jpg

左手の滝の音を聞きながら、森林浴を楽しみながら進んでいくと、右手に詩が刻まれている碑があります。
あまりにも多くありましたので、いったん戻って数えなおしましたら、なんと47碑もありました。
DSC00935.jpg
第一観瀑台から見る、吹割の滝。
ここから見ても、まさに東洋のナイアガラの滝です。
絶景、絶景!
DSC00944.jpg
ここから、下りに入りました!
DSC00945.jpg
まもなく、大きな石のしたに寒の神(さいのかみ)という立て看板があって、お椀などが供えられてありました。
DSC00946.jpg

第三瀑台からみる、甌穴。
水と礫(れき)の巧みな造形の色々な大きさの甌穴を上から見ることができます。
DSC00951.jpg
それから、ここの遊歩道にはこんな配慮が。
数十メート毎に熊除けの鐘が設置されていますよ!
「野生の熊が生息している地域ですので、安全のため鳴らしながらお進みください」と看板が。
DSC00952.jpg

ここの階段を下っていくと終点の吹割大橋にたどり着きます。
DSC00955.jpg

吹割大橋のたもとには神社がありますので、わかりやすいいです。
DSC00956.jpg

ここが、終点でもあり、スタート地点にもなり、左遊歩道コースと右遊歩道コースのいずれかを選択できます。
DSC00958.jpg
吹割大橋からみた吹割渓谷。
一周、約2,230メートルありますので、ごゆっくり散策を楽しんでください。
DSC00959.jpg

もう少しで、紅葉の渓谷が楽しめます。
散策には、足元が濡れている所は滑りやすく危険ですので、スニーカーや滑り難い靴がお勧めです。

住所:〒378-0303 沼田市利根町追貝
TEL:0278-56-2111
アクセス
自家用車:関越自動車道 沼田I.C.から国道120号線を尾瀬方面へ直進約20分。
公共交通機関:JR沼田駅から鎌田行きバス40分「吹割の滝」下車
お問合せ:沼田市役所 利根支所 観光係
見学
自由で例年12月中旬~3月下旬は冬季閉鎖され、遊歩道は夜間通行止めです。
観覧料:無料
駐車場
吹割大橋手前信号の右側に無料駐車場(約10台)あり。利根支所前駐車場も駐車可。
滝に近い民間のドライブインは有料・無料駐車場あるので、確認してから駐車してください。
月日:10月19日
天候:
出発:群馬県利根郡川場村(午前8時15分)
到着:群馬県利根郡片品村 道の駅「尾瀬かたしな」(午後2時00分)
歩行距離37㎞
 

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR