• 天橋立は京都府宮津市の宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる全長3.6キロメートルの湾口砂州です。ここは松島・宮島と並んで日本三景のひとつになっており、一度は見て訪れたい場所です。 絶景ポイントは天橋立ビューランドから見ると絶景です。ここは天橋立桟橋側にあり、標高130mの高台になっており、天橋立駅や桟橋・天橋立入口からは徒歩5分です。モノレールは小型2連式とはリフトがあってどちらも利用でき、上りはケーブルカー... 続きを読む
  •  ... 続きを読む
  •  煙突のように見る3本の巨大な塔は、1918(大正7)年から4年をかけて建築された軍事施設「旧佐世保無線電信所(針尾送信所、針尾電信所)」です。日露戦争を契機に無線通信の重要性を認識した日本海軍が、当時の最新技術を駆使して建設した長波送信施設です。写真は西海の丘展望台から撮った眺めです。鉄筋コンクリート製の無線塔は高さ約136m、基底部の直径は約12mで近くから見るとでかい! 無線塔の中を見学、明かり取り... 続きを読む
  • 神崎鼻公園は東経129度33分、北緯33度12分の日本本土最西端の地で、海沿いにシンボル塔が立ち、たくさんの小島や遠く平戸島を望む絶景のスポットでもあります。無料駐車場からすぐ右手の遊歩道があり、海辺を進むと海風が気持ちよく感じられます。階段を進むと、日本本土最西端の碑が有り、写真が撮りやすい様にカメラ台が有り、一人でも記念写真が撮れます。夕陽が沈むころはとても幻想的です。 所在地:〒857-0413  長崎県佐... 続きを読む
  • 稲佐山展望台かな眺める風景は360度見渡せる大パノラマが絶景です。夜になると、街並みがくっきり浮かび上がり、まさに1,000万ドルの夜景といわれて有名です。 展望台はガラス張りのらせんスロープになっているので、上に歩いている間にも美しい夜景が見えます。 屋上の展望所に出ると、見渡すと大パノラマの風景が目に飛び込んできます!! 右端に見える橋は女神大橋でその付け根の山が大久保山、右手上の山が八郎岳です。晴れ... 続きを読む
  • 新西海橋はアーチの中間を道路が通る中路橋としてユニークな姿をしており、両岸の西海橋公園を結ぶために 桁下には歩道を設けています。向こうの公園まで渡ってみました。 駐車場から数分進むと、広場では大勢の家族連れがお花見を楽しんでいました。 橋の下部分に歩道があり、ここから対岸がわの公園に行くことができます。 途中、中頃にはこんなのぞき窓が数個あってのぞき込むと、怖い! 隣の西海橋を望む 公園の展望台から橋を... 続きを読む
  • 生月島最北端の高さ100mほどの断崖の上に立つ白亜の無人灯台です。灯台の階段を上ることができ、眼下には広い海の大パノラマが絶景です! ここの灯台に行くには、平戸大橋と生月大橋の大きな橋を渡っていきます。途中、左手に展望広場があったので立ち寄ると、なんと断崖絶壁の大きさにびっくり! 車で灯台を目指すと、左手側に駐車場が現れ立ち止まるがここは釣りする方が停めているとのことです。釣りされる方から聞きました。30... 続きを読む
  • 伊岐佐川の見帰りの滝は九州一の落差で有名。滝とその下流沿いに町内ぬは植えられた40種約4万株の紫陽花が初夏の6月に可憐な花々を咲かせるそうです。6月の1カ月間は「あじさいまつり」が開催され、期間中は多くの観光客で賑わとのことです。 見返りの滝までは、国道から結構な細い道を通っていくことになり、すれ違いが難しいくらいの幅の道もありますので車での方は注意が必要です。駐車場は遊歩道と見返りの滝付近にあっ... 続きを読む
  • 2019年4月1日に九州縦断旅途中、新元号「令和」が発表されました。予定に太宰府天満宮を巡ることから、そのゆかりの地である福岡県太宰府市の「坂本八幡宮」を散策することに。こちらが新元号「令和」ゆかりの地である「坂本八幡宮」です! 坂本八幡宮の概要「坂本八幡宮」は、福岡県太宰府市の大宰府政庁跡の北側300mほどのにある小さな神社で、応神天皇(おうじんてんのう)が祀られているそうです。大和朝廷時代、太... 続きを読む
  • 浅井一本桜は樹齢100年を超える古木で、高さ約18メートル、幹回り約4.3メートルもあり地元に愛され守られるヤマザクラです。 桜が開花している期間中は、付近は一方通行になっており、通りが少し狭いので訪れる方は注意しましょう。駐車場付近には露店が少しだけ出ています。この前の道を進んで坂を登ると、浅井の一本桜があります。例年では4月10日前後に満開になるなど遅咲きのヤマザクラなのですが、訪れたのが4日でちょっと早... 続きを読む

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR