• トマム雲海テラス 標高1080mの雲海テラスで、雄大な景色を眺めながらモーニングコーヒーを。と、出かけたが雨模様で不安。 行く途中、前方、後方とも車が見えないので、まだ早いのかなの思いながら車を走らせる。駐車場にはすでに多くの車が駐車。朝5時からなのにゴンドラ乗車を待っている方、約150名程並んでいた。 ゴンドラ乗車は最初、個人別に誘導してたが時間がかかるので相乗り可能となった。 霧で何も見えない... 続きを読む
  • 山中にたたずむ不思議なミルキーブルーに輝く池、美瑛白金 青い池。 駐車場から約5分ほど歩くと、かすかに白濁した水の色の池が眼に飛び込んでくる。水面には立ち枯れたカラマツやシラカバの木々が並んで神秘的です。でも、曇り空と靄ではっきり青い池は見ることが出来なかったのが残念でした。... 続きを読む
  • キャンプ場「21世紀の森」今日はあいにくの雨で早めに宿泊地、キャンプ場「21世紀の森」へ。 ここには宿泊研究、せせらぎ交流広場、ふれあい広場、ファミリーゾーン、二イペ(21)の森と広場があります。 ふれあい広場は、芝生が広がる空間の中で大自然を満喫できる。ここに泊まります。 近くに森の湯という、温泉を利用した簡易浴用施設は5~6名入浴できる大きさで、せっけん、シャンプー類は使用できません。 湯加減はち... 続きを読む
  • 黄金岬柱を積み重ねたような荒々しい奇岩がいくつも並ぶ独特な景観をもつ海岸で、沖に沈む夕陽はまさの黄金色で見事。黄金の夕陽は時間の都合上、見られず次回の楽しみにします。 かつてニシンの見張り台であった岬は、夕日に映しだされたニシンの群れがキラキラと黄金に輝きながら、岸をめがけて押し寄せたことから、この名前が呼ばれるようになった。 ... 続きを読む
  • 利尻島の姫沼原生林の中にたたずむ利尻山山頂の真北、標高125m、周囲約800m、水深約2mの神秘的な小さい湖。 ... 続きを読む
  • エサヌカ線直線道路はるか地平線までまっすぐな道。ここは、ツーリングライダーから聞いた道路で、浜猿払からよつば乳業の宗谷工場の近くを抜ける舗装道路。周りには建物や視界を遮るものは何もない。道が一直線道路のまるで飛行機の滑走路のようで、ドライブには絶好のコースですよ。  牧草地を横断する農免道路で美しい花が咲いてるのを横目で見ながら、約20㎞のドライブ。  ... 続きを読む
  • 道の駅「オホーツク紋別」にある「アムールの架け橋・アムールの鐘」。この架け橋、前方はるか遠くに流氷の生みの親であるアムール川の河口がある。階段の棚にはずらりとぶら下げているのは、ホタテの貝殻に書かれた願い事。  ... 続きを読む
  • 小清水原生花園エゾスカシユリ、エゾキスゲ、ハマナスなど花が咲き、黄色やピンク、紫など色とりどりの天然の花畑が見られる。花の種類は約40種類で、6月中旬から7月下旬が見ごろで短い夏に野生の花が美しく彩る。 オホーツク海と濤沸湖に挟まれた約8㎞の細長い砂丘が小清水原生花園。花々が咲く小高い砂丘の上からは、斜里岳と知床連山、藻琴山、能取岬などが見渡せます。 ... 続きを読む
  • クジラの見える丘公園 日本でも数少ない、マッコウクジラをじっくり観察できる展望デッキがある。 一眼レフカメラでズームいっぱい開け見たけど、クジラは見ることが出来なかった。 ま、あいにくの曇り空と視界がきかないせいか、わかりませんけど。 公園駐車場までは道幅が狭く、急こう配の坂道なので対向車には注意してください。 羅臼灯台 羅臼港から見える崖の上に建っている灯台で羅臼港、国後島とパノラマが眼前に広がりま... 続きを読む
  • 霧のベールに包まれる神秘の湖世界でも有数の透明度を誇る摩周湖は霧の発生率が高い湖である。早朝、第一展望台からみた朝日と湖面にわずかに雲海が見られ、とても幻想的でした。 ... 続きを読む

ao

こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。
日本縦断旅やプチ旅などをご紹介します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR